【旅行記】12月に女子1人が沖縄旅行した話【斎場御嶽と公園】

2泊3日の沖縄女子1人旅。2日目。メインの日です!

 

 

結構内容が濃かった1日だったので2日目を書くとなると少し長くなってしまうので、2日目は『斎場御嶽と公園』と『ビーチと首里城』と『タクシーと国際通り』の3回に分けて書いていきます。

 

今回は初めに行った『斎場御嶽』(せーふぁうたき)と『知念岬公園』について書いていきます。

 

 

 


 

 

 

さてさて、2日目の予定としては

 

 

那覇市内のホテルからレンタカーを運転してまずは『斎場御嶽』に行って

 

斎場御嶽』のあとは近くのカフェでお昼。(実は沖縄はカフェが多くあるのです!)

 

そのあとは那覇市内に戻ってきて、首里城観光国際道りをぶらぶら歩いて、

 

 

夜は沖縄在中の前職の同僚とご飯。(会うのは1年ぶり!)

 

 

すごいざっくりとこんな感じに行けたらいいなーと思っていました。

 

 

ですが ! !

 

 

こんなのんびりとした予定がこれから起こる出来事ある方との出会いがきっかけで大きく変わるのでした・・・

 



 

 

【沖縄の車事情】

 

 

朝の8時過ぎに泊まっていた那覇市内のビジネスホテルを最初の目的地『斎場御嶽』に向け車で出発。

 

 

慣れない車での運転でしたが、普段からほぼ毎日車の運転はしていましたし、

 

 

 

沖縄県は車社会(沖縄は電車が無く、那覇市内をモノレールが走っています)だけどどーにかなるだろうと思ってました。

 

 

が!

 

 

 

の数(とくにタクシーの数)が大都市並みに多く走っており、しかも沖縄独自の交通ルールが存在していました

 

 

例えば時間帯によっては車線が変わるとか、朝の時間にバス専用車線を走ると罰金を取られる(混雑緩和のため)・・・とか!!(あるタクシーがバス専用時間にバス専用車線を堂々と走っているの見ちゃったのですが)

 

 

 

レンタカーを借りるときレンタカー会社の方からあらかじめ沖縄の交通ルールのことは説明されます

 

 

 

説明を受けたときはどーにかなるでしょーと軽い気持ちで思っていましたが実際に那覇市内を車で走っているとどーにもならないわ!(泣)という感じで半泣きの状況で運転しました・・・

 

 

さらに運が悪かったのか、レンタカーのナビが少々古いタイプだったみたいで、細くて旧道ばかりを案内されました・・・

 

 

ですが、そのおかげなのか沖縄本島南部の海沿いを走ることができたのでそれは良かったです。

 

 

もちろん運転していたのであまり海を見ることが出来なかったのですが、視界に時々海が見えて半泣きだった気持ちが一気に消えました。

 

 

 

そんなこんなで那覇市内を出発して40分ほどで斎場御嶽』に到着しました。

 

 

【斎場御嶽(せーふぁうたき)について】

 

 

 

 

 

ここで斎場御嶽とはなんぞや?と思っている方に少し斎場御嶽についてご説明致します。

 

 

斎場御嶽は沖縄がまだ琉球王国と呼ばれていた琉球王朝時代(15世紀~16世紀)に国家的な祭事が行われていたとても神聖な場所です。

 

 

もともとは男子禁制の場所で、琉球国王でさえ女性用の衣装に着替えないとの入れなかったといわれています。(現在は男性の方も入れます)

 

 

沖縄本島の最も東の場所にあり、緑に囲まれた自然豊かな場所です。少し高台にあるため、斎場御嶽から東を見ると神の島『久高島』が見えます。

 

 

2000年に首里城跡などともに「琉球王国のグスク及び関連遺産郡」としてユネスコ世界遺産に登録されました。

 

 

沖縄屈指のパワースポット』といわれており、沖縄の人気スポットになっています!

 

 

komomoが行ったときは修学旅行生が多く見られたのでもしかしたら修学旅行で行かれた方もいるのでは?

 

 

そんな斎場御嶽。

 

 

 

車のナビで斎場御嶽と検索しても、斎場御嶽のところには駐車場がないのでkomomoは斎場御嶽から徒歩7分ほどのところにある『がんじゅう駅・南城』の無料駐車場を利用しました。(駅といっても道の駅のようなところ)

 

 

 

ちなみにこの『がんじゅう駅・南城』のところに『南城市地域物産館』があるのですが、ここで斎場御嶽のチケットを販売しています!

 

 

 

斎場御嶽の料金は大人(高校生以上)が300円小人(小・中学生)が150円でした!(結構安い♪)

 

 

ちなみに20名以上の団体は団体割引がありますよ!

 

 

簡単ではありましたが、斎場御嶽の説明は以上になります。

 

 

 

【斎場御嶽に入る前に】

 

 

斎場御嶽までは少し坂道を登ります。

 

12月中旬とはいえ、日差しが強い沖縄県。

 

そして普段全く運動をしていないkomomoは坂道を登っただけで汗をかきました・・・

 

斎場御嶽に入る前のところに先ほど買った斎場御嶽のチケットを見せる建物があるのですが、そこではスタッフの方が斎場御嶽についての注意事項等の大切なお話をしてくださいます。来た方はここをスルーしないで必ずここで話を聞きましょう。

 

 

 

【いざ、斎場御嶽へ】

 

斎場御嶽は緑豊かな場所にあるため、木陰が多く木漏れ日から指す日差しがとても心地よかったです。

 

 

 

 

ですが、道は細くでこぼこ道が多く急な坂道や段差が多かったです。前日に雨が降ったのか足元は濡れているところがあり、滑りやすいところもいくつかありました

 

 

 

 

斎場御嶽内には第二次世界大戦の砲弾跡もありました・・・

 

 

 

 

 

 

 

そして斎場御嶽で最も有名なところ『三庫理』(さんぐーい)です。

 

 

 

 

この三角形のトンネルを抜けると左側に神の島『久高島』を望むことができます。

 

 

 

 

 

木と木の間から見える久高島はとても神秘的に見え、20分ぐらいここにいました・・・。

 

 

【予定には無かった知念岬公園】

 

 

駐車場に戻る途中、『この先知念岬公園』という看板を発見。

 

 

スマホの地図検索すると今いる場所から歩いて10分もしないとのことなのでせっかくなので行ってみよー!と思い、車には戻らずがんじゅう駅の駐車場の前を通り過ぎ歩いて知念岬公園へ向かいました。

 

 

突然の思いつきだったので『知念岬公園』がどんなところか知らなかったのですが着いてびっくり。

 

 

 

 

 

 

『THE・沖縄の海』!!!!!

 

 

 

見渡す限り太平洋の海!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

思わず「すごい!」と声が出てしまいました・・・

 

 

この日は雲が多い日だったのですが、でも文句なしの景色!!

 

ここで本当に沖縄に来たんだと改めて実感しました(笑)

 

komomoが来たときは人はあまり人がいなかったのでのびのびできました。

 

 

駐車場に戻ってきたら、時間がちょうどお昼ごろだったので車を少し走らせて近くのカフェでランチに行きました。

 

 

 

 

 

今回はここでおしまいです。

 

おまけ

 

 

斎場御嶽は本当に神聖な場所ですので服装は場に合った服装で行きましょう!

 

急な段差や坂道、滑りやすい場所があるので普段から履きなれた靴で行くのがいいかもしれません♪

 

 

ちなみにこの旅で撮った写真はすべてkomomo愛用のiPhone6sで撮影しております。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。